アングリーバードの公式ページがリンク切れしていてビックリ

公開日:  最終更新日:2016/07/17

R_027.jpg

久しぶりに世界的に大ヒットしたアプリ「アングリーバード」のページを見ようと思ったら、公式ページがリンク切れしていてビックリしました。

アングルーバードとは?

『Angry Birds』(アングリーバードあるいはアングリーバーズ)は、フィンランドのRovio Entertainment(旧:Rovio Mobile)がiPhone向けに開発したモバイルゲームである。
2009年12月にApp Storeで販売されてから、1200万ダウンロードを記録するなど、世界中で大ヒットした。
後にAndroid版やPC版およびMac版が開発され、累計ダウンロード数は15億以上ともいわれている。(wikipediaより引用)

公式ページがリンク切れしている理由

以前の記事で、「アングリーバード」の開発元「Rovio Entertainment(ロビオ エンターテインメント)」が、従業員の半数近くである約4割の社員をリストラし、経営資源を集中させる方針とのニュースが出ていましたので、その影響かと思います。

いろいろ調べてみた所、公式ページだけでなく、開発会社である「Rovio Entertainment(ロビオ エンターテインメント)」の日本向けページ(http://www.rovio.com/jp)もページが存在しなくなっていました。

日本向けのTwitterページは存在していますが、2015年12月19日のリツイートを最後に更新されていませんので、2015年の年末ごろに、日本市場から撤退したのかも知れません。

具体的なニュースは見つからなかったのですが、日本のユーザーはフィンランド本社から切られてしまったようです・・・

確かに海外では「スターウォーズ」版が発売されるほどの大人気でしたが、日本ではそれほど大ヒットにはなっていませんからね。。。

オススメアプリ

アングリーバードの関連商品

アングリーバードの映画も2016年10月1日に公開される予定で、先行して公開されているアメリカではヒットを飛ばしているようです。

映画版「アングリーバード」の公式ページ

また、「アングリーバード2」もリリースされていて、こちらも順調にダウンロード数を伸ばしているようです。

これは、「アングリーバード」が有料版(ダウンロードするのに購入が必要)だったのに対して、Free To Play版(ダウンロードは無料でアプリ内課金あり)になっています。

「アングリーバード2」のiOS版はこちら

Android版はこちら


スポンサードサイト


ゲーム業界に転職するなら
ソーシャルゲーム業界への転職なら「ワークポート」がオススメです。私の知っている人だけでも3人転職に成功しています。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑