【月額0円!】iPhone5のプリペイドスマホが値下げで実質9,800円!

公開日:  最終更新日:2016/04/22

R_002.png

昨年12月にソフトバンクからプリペイド版iPhone5が発売された事をニュースに流れていましたが、それから2か月後の2月下旬にはさらに値下げされ、現時点では実質9,800円(税込)まで値段が下がっています。

殆どの人が知っているのかと思っていましたが、会社の同僚でもあまり知っている人がいなかったので紹介します。

スポンサーリンク

プリペイド版iPhone5について

プリペイド版iPhone5は、2015年12月17日(木)から販売開始され、開始当時は税込32,184円(税抜29,800円)で、1万円分の通信料がチャージされてたので、実質22,000円ほどで購入する事ができました。

その後、2か月ほどで税込32,184円から税込19,800円に値下げされましたので、現時点では実質1万円以下で購入できるようになっています。

プリペイド版のiPhone5は、16GBモデルの「Apple認定整備済製品」です。

Apple認定整備済製品とは?
Apple認定整備済製品とは、Appleの厳しい整備プロセスを経て販売される、新品ではないApple製品のことです。技術的な問題があって返品された一部の製品を含みますが、すべての製品に対してAppleの厳しい品質基準に沿った整備プロセスを実施しています。

すべてのApple認定整備済製品は、以下のプロセスを経て販売されています。:

・完全なテスト(連続稼働テストを含む)
・テストで不具合が検出されたモジュールの部品交換を含む整備
・徹底したクリーニングプロセスと検査
・再梱包(該当するマニュアル、ケーブル、新しい箱などを含む)
・出荷時のMac OSが同梱されていますが、より最新のOSに変更されている場合があります。*
・新しい整備済部品番号とシリアル番号の付与
・販売可能な整備済在庫品となる前に実施される最終品質保証検査
・整備の手順は、Apple製造工程と同じ基本的なテクニカルガイドラインに従ってテストされています。

Apple Certified Refurbished Productsより引用

また、ソフトバンクのプリペイド携帯向けプラン「シンプルスタイル」の契約が必要になります。

「シンプルスタイル」について

「シンプルスタイル」はソフトバンクが提供するプリペイド携帯向けプランで、以前提供されていた「プリモバイル」や「プリスマ」の代わりのプランです。

iphone5版「シンプルスタイル」の特徴

iphone5版「シンプルスタイル」の特徴は、下記になります。

・月額基本料は不要
・チャージ分を使って電話・インターネットなどが利用可能
・契約は 「新規」か「MNP(=他の携帯電話会社からの機種変更)」のみ
・1万円分のチャージが付いている
・チャージした残高は、チャージから60日間有効
・通話料金は8.58円/6秒
・パケット定額サービスは2日、7日、30日プランの3種類

続いては、メリットとデメリットまとめてみました。

iphone5版「シンプルスタイル」のメリット

IMG_0950_R.JPG
1)月額基本料金が不要
これが一番のメリットかもしれません。
固定費がかからないので、コストを抑えてiPhoneを使いたい人に最適なプランです。

2)カラーは「ホワイト&シルバー」および「ブラック&スレート」の2種類から選択可能
定番カラーなので特に問題はないと思います。

3)無料チャージ1万円分付き
事務手数料やユニバーサル料金などが無料チャージ分から引かれるので、実質使えるのは7,000円弱になります。

4)AppleCare+ for iPhone に加入が可能
デバイスの購入日から30日以内に、Apple Store 直営店などでの申し込みが必要です。

5)新品と同じ1年間のApple保証がついている
これは安心ですね。

6)チャージをしなくても360日間は電話番号を維持可能
初回チャージ分がなくなった後に追加でチャージをしなくても、最後のチャージから360日間は電話番号を維持できるので、着信専用のスマホにすることもできます。

7)ソフトバンクWi-Fiスポットが利用可能
シンプルスタイル専用パケット定額サービスの申し込みとWi-Fiアプリの設定が必要で、利用可能期間はシンプルスタイル(スマートフォン)専用パケット定額サービスの終了までになります。

次はデメリットです。

オススメアプリ

iphone5版「シンプルスタイル」のデメリット

R_004.png
1)通話料が8.58円/6秒と割高
1分あたりでは85.8円と、ほぼ90円になるので、かなり割高感がありますね。

2)パケット定額サービスの容量上限を超過すると通信速度制限がある
パケット定額サービスの上限を超過した場合、プラン終了日まで通信速度の制限が実施されます。

パケット定額サービスは「2日プラン900円(上限:200MB)」「7日プラン2,700円(700MB)」「30日プラン4,980円(3GB)」の3種類になります。

3)ストレージ容量は16GBのみ
端末に必要な容量を差し引くと、実質は12GBくらいしか残らないと思いますので、アプリや音楽、写真などを大量に入れる予定のある人には少ないかもしれません。

4)事務手数料として3,000円必要
これは初回の無料チャージ分から差し引かれます。

5)チャージの利用有効期間(60日間)を終了すると残高は消滅する
初回分の無料チャージ1万円分のみ、利用手続き開始から120日間有効です。

6)テザリングが利用できない
テザリング(iphone5の通信回線を使って他のスマホなどをインターセットに接続する機能)は、このiphone5版「シンプルスタイル」では利用できません。

7)1年以内の契約解除なら契約解除料が必要
「シンプルスタイル」を契約から1年以内に解約した場合、契約解除料として19,800円!が必要です。

ただ、これはあまり気にしなくて良いと思います。プリペイドなので解約する意味はないですし。

この項目は、他の携帯電話会社へMNP(のりかえ)をするとキャッシュバックなどが付くケースが多いので、そのための新規契約を防ぐためのルールだと思います。

ちなみに、契約の翌々月末までにMNPで転出する場合、契約解除料に加えてMNP転出手数料として5,000円(翌々月以降は3,000円)が必要になります。

8)無料チャージはアプリ課金等には利用できない
チャージ分が利用できるのは、通信料(事務手数料、ユニバーサル料含む)のみです。

9)SIMロック解除不可
このプランのiphone5は、残念ながらSIMロック解除不可ですので、格安SIMなどを使う事を想定している人は注意が必要です。

10)インターネットの利用にはパケット定額サービスの加入が必要
ウェブ・S!メール(MMS)の送受信およびSMSの送信には、シンプルスタイル(スマートフォン)専用パケット定額サービスの加入が必要になります。

なので外で電話回線を使った通信を行う場合は、パケット定額サービスに加入しないと使えません。(Wi-Fiのみなら加入なしで利用可能)

11)他社向けのSMS送信は利用不可
SMS受信は可能との事です。

受信だけ出来てもね・・・

まとめ

メリットとデメリットを並べてみましたが、それだけ見るとデメリットの方が多くて、あまり良くないサービスに思えますが、使う人のタイプによってはオススメのプランです。

何より、型落ち(3世代ほど前)ですが、実質1万円以下で1年間保証付きのiPhone5が手に入りますので。(ヤフオクでは1万円弱で取引されているようです)

手軽にiphoneが使いたい人に最適ですが、プリペイド携帯なのでお子さんに持たせるのも良いかもしれませんね。

ソフトバンク オンラインショップ

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑