12,800円のWindows10スマートフォンが発売!

公開日:  最終更新日:2015/11/26

bsPAKU150710430669.jpg
格安MVNO(通信回線業者)で端末も販売しているFREETEL(フリーテル)が、11月30日に、新しいSIMフリースマートフォンを販売します。

今回は、OSがWindows10で、一番安いモデル「KATANA01」が12,800円という格安です。

目次(クリックして移動できます)

KATANA01のスペック

OS Windows 10 Mobile
ディスプレイ 4.5インチ 854×480 FWVGA IPSディスプレイ
CPU クアッドコアCPU
メモリ RAM:1GB
ROM:8GB
カメラ メイン:500万画素
サブ:200万画素
バッテリー 1,700mAh
ネットワーク GSM:850/900/1800/1900
WCDMA:B1/B6/B8/B19
FDD LTE:B1/B3/B8/B19
NTTドコモ(バンド19)・ソフトバンク(バンド8)
両プラチナバンド対応

特徴

LTEに対応しているもののスペックは値段なりで、2013年の夏ごろに販売されたモデルとあまり変わらないスペックです。
が、この端末の最大の特徴は、OSがWindows10 Mobileなことです。

OSがWindows10 Mobileなので、WindowsPCでもWindows Mobileでも使えるように作られた「ユニバーサルWindowsアプリ」であればPC・スマホで同じアプリを使う事が出来ます。

さらに「Continuum(コンティニューム)機能」というWindows10の新機能により、Windows Phoneにモニターとキーボード、マウスを接続すれば、デスクトップPCと同じUI(ユーザーインターフェイス)でアプリを使用することが出来ます。

例えば、ユニバーサルWindowsアプリの「Office」をWindowsPhoneにインストールして、外出先でエクセルデータの更新などを行い、自宅に戻った時にモニターに繋ぐと、いつもの操作性でエクセルを扱う事ができます。

「Continuum機能」の参考記事
Continuumスゲー!Windows 10の注目新機能でモバイル界を世界制覇か?

まとめ

用途にもよりますが、アプリ等をそれなりに使う事を想定している場合、ROMが8GBでは足りなくなる可能性が高いので、アプリを多くダウンロードする予定のある人は、16GBの「KATANA02」の方がオススメです。

ただそうなると、「Windows10 Mobileで12,800円」という最大のメリットが消えてしまいますので、あしからず。


スポンサードサイト


ゲーム業界に転職するなら
ソーシャルゲーム業界への転職なら「ワークポート」がオススメです。私の知っている人だけでも3人転職に成功しています。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑