一周年記念の日に、とんでもない告知をしたアプリの話

公開日: 

R_033.jpg
一周年記念の日にとんでもない告知をしたアプリの話がネットで話題になっています。

そのアプリは「コエスタ」というアプリで、先日の8月1日に1周年記念を迎えたアプリになります。

そしてその直後に、一周年記念のイベントやガチャなどを仕込むためと思われる、メンテナンス実施の告知ツイートが流れました。


そしてメンテナンスが明けると、とんでもない告知が。。。。


まさかの一周年記念の日に終了告知とは。。。。

終了告知文面(PDF文書)

スポンサーリンク

まとめ

前々から決まっていたのだとは思うけど、なにも一周年記念の日に告知しなくても・・・

10連ガチャを実装した数日後にサービス終了告知を開始したアプリもあるので、それよりマシかな。。。

ただ、終了告知をしているのに、8月31日まではゲーム内通貨(スターコイン)の購入は出来るんですね。

資金決済法を逆手にとって大儲けした話」でも書きましたが、資金決済法対象のアプリを運営している会社は終了告知と同時に課金を停止する会社が多いので、終了告知を出したのにゲーム内通過を販売しているのが意外でした。

上の記事で書いたように、購入単価別に販売アイテムを管理していないと割り増しで返金しないといけなくなるかも知れないので、ちゃんと管理できているんでしょうね。

ただ、割り増し返金の対象でなくても、クレジットカードのポイント目当てに、クレジットカードで大量にゲーム内通貨を購入するユーザーが出てきそうな気がする。。。

ゲーム内通貨を購入した金額は全額返金されるため、リスクなしでクレカのポイントをタダ取りできるので(万が一、チャレンジする場合は自己責任で!!)

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑