藤島康介先生と結婚したコスプレイヤー御伽ねこむさんの意外な目標

公開日:  最終更新日:2016/09/25

今年6月29日に人気漫画「ああっ女神さまっ」の作者である、藤島康介(ふじしま こうすけ)先生と電撃結婚した「日本一可愛いコスプレイヤー」と言われている「御伽ねこむ」(おとぎ ねこむ)さん。

nekomu.jpg
公式ブログより画像転載

人気漫画家が人気コスプレイヤーと結婚した事や、できちゃった婚(最近では「授かり婚」って言うんでしたっけ?)だったのも驚きですが、何よりも驚いたのは、年齢差が「31歳」もあることです。

藤島先生が51歳に対して、御伽ねこむさんはまだ20歳だそうなので、もしかしたら、ねこむさんの両親よりも藤島先生の方が年下かも・・・?

スポンサーリンク

御伽ねこむさんについて

Wikipediaによると、御伽さんは2012年にコスプレイヤーの「えなこ」さんに出会い、それがきっかけでコスプレを始めたそうです。
enako.jpg
えなこさん(公式ブログより画像転載)

2012年からコスプレイヤーとして活動を開始して、雑誌に掲載されるなど注目が徐々に集まるようになり、2015年からは大手芸能事務所のホリプロに所属しています。

活躍は雑誌やグラビアだけでなく、TBSの「有吉ジャポン」や日本テレビの「行列のできる法律相談所」などにも出演しました。

御伽ねこむさんは、ホリプロ所属のれっきとしたタレントさんなんですね。

本名と名前の由来

御伽ねこむさんの本名(旧姓)は「奥山 美都輝(おくやま みつき)」といい、この「美都輝(みつき)」という名前は、

沢山人が集まる場で美しく輝けるように

という両親の願いでつけられたとTwitterで公表しています。

ちゃんと願いどおりの娘に育っている!!

御伽ねこむさんの意外な目標

御伽ねこむさんは、昔から漫画家を目指していたそうで、2014年4月からは漫画のテクニックを学ぶ専門学校の漫画学科に入学しています。

※マンガ系の専門学校は卒業まで2年間の学校が多いので、おそらく今年の3月末で卒業しているものと思われます。

ただ、どんなマンガを書いているのかわかりませんが、注目されるのは美人コスプレイヤーとしてなので、本人としてはマンガの方でも売れたいんでしょうね。

2人の出会い

御伽ねこむさんが以前から藤島先生を尊敬していたところに、藤島先生がコスプレしている御伽ねこむさんを見つけて、

「美人さんがコスプレしてる!」

と画像付きでTwitterでつぶやいたことから、2人が知り合うきっかけになったそうです。

その後14年5月頃からTwitterのDM(ダイレクトメール)で連絡を取り合うようになり、約2年後の16年6月に藤島康介先生と結婚しました。

二人が付き合っていた頃に、ねこむさんが「好きなタイプは?」と聞かれて、

「絵うまいひと」

とTwitterで答えていたり、

「50歳位の男性好き(絵が上手い人に限る)」

など、二人の関係を暗示するツイートも多々ありましたが、ファンの誰も気づいていませんでしたとさ。。。

ちなみに藤島先生の経歴を見ると、漫画家になる前に漫画雑誌「ぱふ」の編集者をやっていた職歴があるそうです。

まとめ

大阪在住であったことから、どこかのTVで「浪速のしょこたん」とテロップが入っていたけど、たしかに可愛くてコスプレ好きで、マンガも描けるなら、しょこたん(中川翔子さん)とキャラが被りますね。

あ、ママキャラも追加されるのか。

「ヤッターマン」のドロンジョ様のコスプレをした「月刊ドロンジョ」も発売されています。

こんなママっていいな。。。

おまけ

「ヤッターマン」で思い出したけど、

「『ヤッターマン』と『コーヒー』と『ライター』を続けて言ってみな」

と友達に言うのが中学生の時に流行ったのをふと思い出した。

分からない人向けのヒント
ポイントは「ヤッター」で切るのと、最後が「ヒーライター」で「開いた」になる点です。

そうです。これが言いたかっただけのゲスの極み男子です。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑