勢いでソーシャルゲームに課金してしまわないために/課金制限の方法

公開日: 

課金

ソーシャルゲームをやっていて、思わず課金をしてしまうケースとして、主に2つのケースがあります。

1)アイテム購入のあるアプリで遊んでいて、ライフが切れた時などに巧みに課金ページに誘導され、思わず勢いで課金してしまう場合

2)自分の子供にスマホゲームで遊ばせていて、子供が間違って課金してしまう場合

 

これらの突発的なアイテム購入を防ぐためには、事前にアプリ内課金の機能を制限しておくことが有効です。

 

スポンサーリンク

アプリ内課金の制限方法

■iOSの場合

(1)「設定」アイコンをクリックして、「一般」→「機能制限」の順にタップします。

機能制限
(2)「機能制限を設定」をタップし、パスコードを入力します(設定している場合)

パスコード
(3)「App内課金」をオフ(緑→白)にします

app内課金

これで、購入前に課金制限を外さないとアプリ内課金ができなくなります。

 

■Androidの場合

(1)「Playストア」アイコンをクリックし、トップ画面で左上アイコンをクリック

GooglePlay

(2)メニュー内の「設定」をタップする。

設定

 

(3)「購入時にパスワードが必要」をクリック

課金制限

(4)「認証」のタイミングを設定する。

認証

これで、次回以降のアプリ購入に、パスワードの入力が求められるようになります。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑