U2の強制プレゼントのジャケットが強烈すぎる件

公開日:  最終更新日:2015/10/31

R_050.jpg

さっき久しぶりにiPod touchの「ミュージック」を開いてみた所、知らない曲が入っていたのでよく見てみると、ちょうど1年くらい前にネットで話題になった、アメリカのロックバンド「U2」の強制プレゼントされたアルバム「Songs of Innocence」でした。

話題になったと言っても良い話題ではなく、いきなり購入リストに入っていて驚いたユーザーが「購入した記憶のないアルバムが、勝手にリストに入っている」と、ネガティブな意味で話題になりました。

U2の新曲強制プレゼント

2014年9月、アメリカの人気ロックバンド「U2」とAppleの共同キャンペーンとして、U2の新曲「Songs of Innocence」全曲をすべてのiTunesユーザー(5億人)に無料配信されました。

このキャンペーンの費用はすべてApple持ちで、合計1億ドル(当時のレートで107億円)も掛けたそうです。

しかし、いきなり知らないアーティストのアルバムが一覧に入ってきて驚いたユーザーが、Appleに通報したりTwitterなどでツイートしたりで、一時はお祭り状態になっていました。

強制プレゼントの影響

  • 楽曲の自動同期を設定しているユーザーは、自動的に手持ちのiPhoneにダウンロードされ、容量を勝手に使われてしまう
  • アカウントを乗っ取られて購入されたと勘違いし、登録しているクレジットカードやアカウントの削除をしたユーザーが発生
  • 一度ダウンロードすると、「iTunes Match」(年間3,980円)経由でしか、iCloudから削除できない仕組み

多数のクレームがAppleにも届いたため、Appleがアルバム削除用の専用ページを用意することで騒ぎは鎮火しました。

まとめ

この騒ぎで一番の被害は、1億ドルもかけて、ユーザーに喜ばれるどころか、クレームの嵐となって対応に追われたAppleでしょうね。
ちなみに私はこの時、アカウントが乗っ取られたと思い、クレジットカード情報を削除しました・・・

それにしても、強制プレゼントするなら、他のジャケットは選べなかったんですかね?
まるで私が「ゲ○」みたいで嫌なのですが・・・
しかも「購入したもの」って・・・

電車で女性が近くにいるときに不用意に開くと、「ドキッ!」としてしまう。。。

u2

 

 


スポンサードサイト


ゲーム業界に転職するなら
ソーシャルゲーム業界への転職なら「ワークポート」がオススメです。私の知っている人だけでも3人転職に成功しています。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑