【レビュー】auの「うたパス」をダウンロードしてみた感想と評価

公開日:  最終更新日:2015/11/12

music_listen2

ケータイ会社のKDDI(au)が定額制で聞き放題の音楽アプリ「うたパス」をリリースしていたので、さっそくダウンロードしてみました。

最近の「Apple Music」「AWA」などの対抗で作ったのかと思いきや、バージョンが2.0.4だったので調べたところ、サービス開始自体は、2013年1月12日と、かなりの老舗サービスでした。

知らなかった・・・

インストールと画面遷移

App Storeのレビューを見ると、件数が少ないこともありますが、評価はイマイチですね。。。

★1の評価が1件あるだけですが、ここで少しダウンロードするモチベーションが下がりました。

うたパス評価

さて、気を取り直してダウンロードしてアプリを起動してみます。

うたパスメインページ

なかなか見やすいシンプルな作りです。

横にスクロールさせる作りは、App Storeで慣れているので、親しみやすいですね。

ちなみに、このアプリにはまったく関係ないのですが、歌手の「家入レオ」さんは、女優の「田中麗奈」さんにそっくりだと思うのは、私だけですか?

最初は姉妹か、親戚か何かだと思っていました、、、

そして肝心の音楽再生をしてみると・・・・

うたパスメイン

なんと、曲の全部が聞けるのではなく、最初の30秒ほどしか聞けない仕様になっていました。
※上記画像の右下赤枠にある時間です。この曲は29秒でした。

なんじゃこりゃ!

ガラケー時代の音楽試聴かい!!

そして30秒の再生が終了すると、次々と他の楽曲が30秒ほど続いて再生され続け、一通り再生が終了すると会員登録画面に自動遷移します。

どうも会員登録しないと、曲を最後まで聴けないみたいです。

うたパス課金ページ

なので、「1ヶ月無料でオタメシ」をクリックしてみると、こんな表示が・・・

うたパス課金ページ

もしかして、悪評高い自動継続課金なのか・・・?

試しに「会員登録」をクリックすると、iTunes Storeへのサインインが求められました。

という事は、iTunes Storeに登録しているクレジットカード情報が必要という事なので、やはり自動継続課金の様子。

うたパス課金ページ3

パスワードを入れて、「OK」を押してみると、、、

うたパス課金ページ

やっぱり、トライアル期間後に自動課金確定!

ここでモチベーションが続かず、会員登録を断念・・・

感想と評価

1)登録の敷居が高すぎる

有料の会員登録しないと楽曲の全部が聴けないのは、最近の音楽配信サービスとしては圧倒的に不利だと思います。

私がそんなに音楽を聴かないという事もありますが、無料で全曲聴くことができる「AWA」や「LINE  MUSIC(要ログイン)」などもあるので、わざわざ「うたパス」に会員登録するよりは、他のアプリをインストールすることを選ぶと思います。

イメージ的には「ガラケーの時にヒットした手法を、スマホでも使ってみました」っていう感じです。

2)自動継続課金はダメでしょう・・・

他の定額制音楽配信サービスでも、会員登録をする必要があるサービスは多いですが、自動継続課金への移行はハードルが高すぎて、ダウンロードはしても、会員登録まではそれほど進んでいないのではないかと思ってます。

同じ定額で聞き放題の音楽サービス「AWA(アワ)」も、最初は自動継続で課金する仕様でしたが、悪い評判が立ったようで、色々と方針が変わった結果、90日間の無料期間は変わらず、期間終了後は課金されない「フリープラン」への移行になっています。

3)上記の結果、評価があまり良くない

うちの会社のアプリでもそうですが、レビューの悪いアプリは、App Storeへの訪問者数に対してダウンロードされる割合が、評価の良いアプリと比べて非常に低いのです。

なので、「うたパス」のApp Storeページへの訪問者数に対して、ダウンロードされている割合は、それほど高く無いのではないかと思います。

オススメアプリ

「うたパス」の良い点

色々と書きましたが、もちろん、悪い点ばかりではなく良い点もあります。

一番の良い点は「価格が安い」という点です。

月額360円という価格は、「AWA」のスタンダードプランが960円(機能制限のあるLITEプランは同じ360円)、「LINE MUSIC」の無制限プランが1,080円である事を考えるとコストパフォーマンスは非常に良いと思います。

また、auIDを使って「auかんたん決済」で支払うと、月額300円(税別)で加入することも出来ます。

※加入手続きはiPhoneのアプリからではなく、auのサイトからする必要があります。

具体的な方法については公式ページで確認してください。

各音楽サービスの料金・楽曲数比較

うたパス AWA LINE MUSIC
OS iOSのみ iOS/Android iOS/Android
無料期間 30日 90日 30日
料金 360円 360円(Standard)
960円(Liteプラン)
500円(ベーシック)
1,080円(プレミアム)
楽曲数 200万曲 非公開 150万曲
特徴 スリープタイマー機能 オフライン再生 学割機能

※「うたパス」はauIDで登録すると月額300円(税別)+無料期間が30日から60日まで延長されます。
※「LINE MUSIC」は、有料登録をすると無料期間(30日)とは別に30日間の無料視聴チケットがもらうことが出来ます。

この表を見ると、「うたパス」は最低価格のプランでも機能制限がないので、一番お得ですね。

「うたパス」の会員数

ケータイWATCHの情報によると、会員数は100万人を超えているそうです。(2015年8月20日時点)

100万×360円=3億6,000万円/月

=年間で約43億円!

これだけで、日本の大半の中小企業の売り上げを抜いている・・・

お~、ビックビジネス!

「うたパス」の通信量

公式HPの説明によると、「うたパス」の通信量は、1GBあたりの目安として、「約18時間」の再生が可能とのことです。

平日に1日1時間ほど聞いているとすると、月間で約1.2GBが通信量として必要な計算になりますね。

まとめ

色々と偉そうなことを、おっぱいいっぱい書きましたが、サービス内容や価格など、非常に有望で期待しているサービスです。

無料期間はありますが、最初から課金登録が必要なサービスで、どこまで会員数を伸ばすことが出来るのかは、非常に気になります。


スポンサードサイト


ゲーム業界に転職するなら
ソーシャルゲーム業界への転職なら「ワークポート」がオススメです。私の知っている人だけでも3人転職に成功しています。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

PAGE TOP ↑