ネットで見つけて、思わず号泣してしまった詩

公開日:  最終更新日:2018/05/08

AC_fa95d9badd0fce69c61cd3be319451f0_t

先日ネットで見つた詩を紹介します。

その詩は、『おかあさん ぼくが生まれて ごめんなさい』というタイトルで、読むと思わず号泣してしまいました。

以前もどこかで読んだ記憶があるのですが、今は自分も子どもができ親になったので、より感慨深いものがあったのかもしれません。

スポンサーリンク

『おかあさん ぼくが生まれて ごめんなさい』

ごめんなさいね おかあさん

ごめんなさいね おかあさん

ぼくが生まれて ごめんなさい

ぼくを背負う かあさんの

細いうなじに ぼくはいう

ぼくさえ 生まれなかったら

かあさんのしらがも なかったろうね

大きくなった このぼくを

背負って歩く 悲しさも

「かたわな子だね」 とふりかえる

つめたい視線に 泣くことも

ぼくさえ 生まれなかったら

※原文ママ

この詩は、生後まもなく脳性マヒになった山田康文君が、15歳の時に書いた詩だそうです。

康文君は言葉が喋れないため、最初の1行を作るだけでも1ヶ月かかったそうです。

この詩には母親による返答の詩があります。

そのタイトルは『私の息子よ ゆるしてね』というものです。

『私の息子よ ゆるしてね』

私の息子よ ゆるしてね

このかあさんを ゆるしておくれ

お前が脳性マヒとしったとき

ああ ごめんなさいと 泣きました

いっぱい いっぱい 泣きました

いつまでたっても 歩けない

お前を背負って歩くとき

肩にくい込む重さより

「歩きたかろうね」と母心

「おもくはない」と 聞いている

あなたの心が せつなくて

わたしの 息子よ ありがとう

ありがとう 息子よ

あなたの すがたを見守って

お母さんは 生きていく

悲しいまでの がんばりと

人のいたわる ほほえみの

その笑顔で 生きている

脳性マヒの わが息子

そこに、あなたがいるかぎり

そしてさらに、康文君の返答の詩が続きます。

タイトルは『ありがとうおかあさん』です。

『ありがとうおかあさん』

ありがとう おかあさん

ありがとう おかあさん

おかあさんが いるかぎり

ぼくは生きていくのです

脳性マヒを 生きていく

やさしさこそが 大切で

悲しさこそが 美しい

そんな 人の生き方を

教えてくれた おかあさん

おかあさん

あなたがそこに いるかぎり

そしてこの詩を作った後、康文君は十五才で他界したそうです。

原因は横になって寝ていた時に、枕が顔を覆ってしまった事による窒息死との事です。

今週末は母の日ですね。

久しぶりに実家の母に、電話でもしてみようと思います。


スポンサードサイト


ゲーム業界に転職するなら
ソーシャルゲーム業界への転職なら「ワークポート」がオススメです。私の知っている人だけでも7人転職に成功しています。

お役に立てましたら、シェアをお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑